各地のお取り寄せ可能な特産品を紹介


特産市場

日本各地のお取り寄せグルメを紹介します


    旅先で食べた美味しかったもの、テレビで見た美味しそうなもの、
    お好みのグルメをお取り寄せして自宅で食べてみませんか。
    左の「商品種類」からお好きなグルメを選んでご覧ください。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よろしければランキングにご協力をお願いします。↓
    

PageTop

たけのこ

春の訪れると顔を出す
たけのこの予約がはじまりました

丹波報恩寺産新掘り京たけのこ 2kgサイズ 2~3本入り

 \3,635
たけのこのおいしい季節がやってきました。
とりわけ京都府福知山市報恩寺に産するたけのこは「京たけのこ」と呼ばれ、みずみずしく、しかもあくがほとんどない日本を代表する自然の逸品として知られています。
報恩寺たけのこがおいしい理由に、そばに池があることです。
冬場になるとこの池から立ち込める霧がそばにある竹林の丘に向って流れていきます。
この水分が竹林の土壌に非常によく、2月、3月のたけのこが生まれる時期に味をよくするそうです。
【さとうあいくらぶ】

特上朝掘り京たけのこ 初物 籠タイプ 約1kg(小ぶり3~5本入り)

 \2,980
「朝掘り京たけのこ」は自然の成長に任せず、冬場の藁敷きや土入れを丁寧にし、表面の土をやわらかく保つことにより「京たけのこ」の独自の柔らかさを引き出します。
土中の奥深いところにある「京たけのこ」を土の盛り上がり方やひび割れなどを見て職人が勘と技で掘り上げます。
そのため一番太い軸の部分まで柔らかく、たけのこ独特の”えぐみ”が無いのです。
「朝掘りたけのこ」は1年を通し手間ひまかけて育て上げた最高の「たけのこ」です。
【京野菜たつ吉】

京都・大原野で獲れた初春のたけのこ 約2kg

 \6,300
ふかふかの土の中で、静かに春を待つ京のたけのこ。
一本でも多くの筍をご家庭に届けるため、朝まだ早い竹林の急な斜面で、土の表面にできる“われ”を探す匠の技。
その技は、永い歴史の中で今も変わることなく、受け継がれています。
二百年の伝統栽培が生んだ、丹精込めて育て上げた「京たけのこ」を、是非食卓でお楽しみください。
【彩鮮探プレミアム】

京都産 春筍 朝掘り生たけのこ 極 2.0kg

 \7,560
毎年四月も中旬近くなると、「京たけのこ」も旬の時期を迎え、この頃からのたけのこ掘りが伝統の技を必要とするのです。
この商品は、「守る会」の農家のみなさんが、熟練の技で1本1本丁寧に掘り起こし、今まで直接京都や大阪・神戸の料亭に販売されてた極上の「たけのこ」を厳選してお届けいたします。
【京たけのこ伝統栽培を守る会Shop】

早堀たけのこ 2キロ

 \2,680
春の美味しい食材は、タケノコ。
房総の恵まれた自然の中で採れるタケノコは格別です。
しかも採ったその日に発送致します。
【アグリフード】


↓よろしければランキングにご協力をお願いします。↓
    

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。