各地のお取り寄せ可能な特産品を紹介


特産市場

日本各地のお取り寄せグルメを紹介します


    旅先で食べた美味しかったもの、テレビで見た美味しそうなもの、
    お好みのグルメをお取り寄せして自宅で食べてみませんか。
    左の「商品種類」からお好きなグルメを選んでご覧ください。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よろしければランキングにご協力をお願いします。↓
    

PageTop

日本酒(清川屋)

株式会社 清川屋

取扱製品
フルーツ、スイーツ、海鮮、日本酒・ワイン、そば・パスタ、肉・ソーセージ


日本酒飲み比べ5本セット 300ml×5本  \2913

「亀の尾純米吟醸」 をはじめとした、香り高い、山形の自慢の地酒の中でも清川屋おすすめとっておきのお酒5本をセットにしてお届けいたします!
みんなでわいわいやるも良し、ひとりでじっくり飲み比べるも良し、 それぞれ特徴が異なる嬉しい飲みくらべセットです。いつもと違う晩酌をお楽しみ下さい。

日本酒飲み比べ3本セット 300ml×3本  \1774

幻の酒米・「亀の尾」を使った 「亀の尾純米吟醸」 をはじめとした、香り高い、山形の自慢の地酒をセットにしました。
みんなでわいわいやるも良し、ひとりでじっくり飲み比べるも良し、 それぞれ特徴が異なる嬉しい飲みくらべセットです。

純米大吟醸 出羽720ml×2(化粧箱入)  \6720

鳥海山の麓、酒田市本楯地区で最もはやくから手掛けつくり上げた『出羽燦々』を35%まで削り、米の本質を残した究極の純米大吟醸です。
酒の命ともなる仕込み水には鳥海山の伏流水を用い、伝統の技と杜氏真心でじっくりと熟成させたこだわりの品です。
やや辛口で優雅な口当たりをぜひ冷やで味わいください。

純米大吟醸 出羽720ml  \3150

鳥海山の麓、酒田市本楯地区で最もはやくから手掛けつくり上げた『出羽燦々』を35%まで削り、米の本質を残した究極の純米大吟醸です。
酒の命ともなる仕込み水には鳥海山の伏流水を用い、伝統の技と杜氏真心でじっくりと熟成させたこだわりの品です。
やや辛口で優雅な口当たりをぜひ冷やで味わいください。

純米吟醸 出羽720ml×2本入り  \4400

『出羽燦々』という酒米は、山形県農業試験場が11年かけて開発した酒造好適米(酒造りに適したお米)です。 山形の各蔵元がそれぞれにこの『出羽燦々』で日本酒を造っていますが、味も香りも蔵元ごとの個性が現れます。
清川屋の『純米吟醸 出羽』を醸しているのは、大山で創業220年を誇る老舗蔵元栄光富士で、現代では珍しくなった昔ながら の蔵人の手造り、手作業による製法を再現し、素材を生かすことにこだわり、月山水系の伏流水と『出羽燦々』だけを使って、「大吟醸」クラスの仕込み条件によりつくりました。

純米吟醸 出羽720ml  \2100

『出羽燦々』という酒米は、山形県農業試験場が11年かけて開発した酒造好適米(酒造りに適したお米)です。 山形の各蔵元がそれぞれにこの『出羽燦々』で日本酒を造っていますが、味も香りも蔵元ごとの個性が現れます。
清川屋の『純米吟醸 出羽』を醸しているのは、大山で創業220年を誇る老舗蔵元栄光富士で、現代では珍しくなった昔ながら の蔵人の手造り、手作業による製法を再現し、素材を生かすことにこだわり、月山水系の伏流水と『出羽燦々』だけを使って、「大吟醸」クラスの仕込み条件によりつくりました。

亀の尾 純米大吟醸[原酒]1800ml  \12000

酒づくりの好適米として知られる「山田錦」は 酒が作りやすいように 通常の米よりも粒が大きいのが特徴です。
それに比べ、亀の尾は通常のお米。その米を、お米の60%を削り落とし、その芯の部分だけを残して40%まで削る・・・それは、酒を造る人々にとって大きな挑戦。
亀の尾の40%精米は、山田錦の35%精米よりも、小さな粒になるそうです。

亀の尾 純米大吟醸[原酒]720ml  \5250

酒づくりの好適米として知られる「山田錦」は 酒が作りやすいように 通常の米よりも粒が大きいのが特徴です。
それに比べ、亀の尾は通常のお米。その米を、お米の60%を削り落とし、その芯の部分だけを残して40%まで削る・・・それは、酒を造る人々にとって大きな挑戦。
亀の尾の40%精米は、山田錦の35%精米よりも、小さな粒になるそうです。

亀の尾 純米大吟醸720ml×2(化粧箱入)  \8400

「地元の杜氏」が「地元の米」「地元の水」で 醸すものだという信念を持って、 まさに「地酒」を造り上げ、270年余りの歴史を刻む鯉川酒造。
この酒蔵で幻の米と言われる「亀の尾」を 100 %使用、贅沢にも 45 %まで削り、低温で時間をかけてじっくり発酵しましてできたのが、「亀の尾純米大吟醸」です。

亀の尾 純米大吟醸720ml  \3990

「地元の杜氏」が「地元の米」「地元の水」で 醸すものだという信念を持って、 まさに「地酒」を造り上げ、270年余りの歴史を刻む鯉川酒造。
この酒蔵で幻の米と言われる「亀の尾」を 100 %使用、贅沢にも 45 %まで削り、低温で時間をかけてじっくり発酵しましてできたのが、「亀の尾純米大吟醸」です。


↓よろしければランキングにご協力をお願いします。↓
    

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。